アメリカのアイスクリームは、必ずアメリカ合衆国振り

今日も家でウェブしました。
最近の31アイスの作文が興味深く、31アイスについて何かと調べてみました。

何より他国、アメリカの31アイスについてが多々面白いだ。
一旦店名からして違う。
アメリカに限らず、海外では“Baskin-Robins”という店名だ。
“ベイ表皮 アンド ロビンス”とか“B&R”と呼ばれてある。
誠に世界中、40ヶ国以上にあるそうです。
店名が“31アイスクリーム”なのは、我が国と台湾だけだそうです。

そういった同店は世界中で、ひとつひとつ得意があります。
例えばアメリカ規定味わいもあり、おそろしいオリジナリティー系統だ。
その一つが“America’s Birthday Cake Ice Cream”だ。
ケーキとストロベリー味わいの2材質のアイスに、ケーキのかけらがゴロゴロ入っています。
そして、再びホイップクリーム味わいのリボン(味わい根源)入りだ。
こういう批評を読んでも普通のアイスくさいですが、誠にリボンが青色だ!
アメリカのB&R公的HPでフォトを見ると、思いの外毒々しくて驚きます。
アメリカでは、これが標準なんですよねー。
さぞかしアメリカくさい味わいだと思いました。http://www.njsandyclaim.net/