マグニチュードなどについて演習をしていた

地震について学校をしました。地震の規模は、マグニチュード(M)で表されます。マグニチュードは、震央から一定の間隔で標準の地震累算が記録する地震動の上限振幅をもとに決められます。マグニチュードと地震の苦労との間には一定の誘因があり、マグニチュードが2つ増えると地震の苦労は1000倍に、マグニチュードが1つ増えると地震の苦労は約32倍に増えます。地震の規模を描き出すマグニチュードは、1935歳にリヒターによりようやく趣旨されました。しかし、マグニチュード8以上の地震では上限振幅が断じて変化しなくなる結果、地震の苦労が大きくなってもマグニチュードがさほど変化しなくなってしまいます。そこで、地震の苦労のがたいを一概に表せるモーメントマグニチュード(Mw)というものが趣旨され通じるようになってきました。このようなことを覚えましたが、知らなかったこともあったので勉強して良かったです。