東京都美術館でやっているムンク展に行ってきました

先日、東京都美術館でやっているムンク展に行ってきました。休日ということですごい人手で、入場するまでに20分以上かかりました。ムンクというと、「叫び」が有名ですが、その他にも様々な印象的な絵画を多く作成しています。このムンク展では、ムンクの生涯に合わせて、どのような絵画を制作してきたか、をわかるように展示していましたが、ムンクがどのような時にどのような心境でこの絵画を作成したかがわかり、とても興味深い展示会でした。
そして、お目当ての「叫び」。この作品だけは、他の作品とは違い、作品の前で止まることができず、歩きながらの閲覧となりましたが、それでも、写真などでは味わえない、本物の「叫び」は、見ただけで圧倒される魅力がありました。この「叫び」を見るだけでも、このムンク展を見た甲斐があったと思います。
今回は、時間がなくて、物販も買わずすぐに出てきましたが、また機会があれば、こんどはじっくりと見たいと思います。