造山帯と大陸の成長について勉強していました

変成効果などについて学業しました。地殻はフラット道順にきつく締めつけされて岩石は悪く歪みし、また大陸地殻の深部ではコンポーネント溶融によるマグマが生じて火成効果や変成効果が起きました。そして軽々しい大陸地殻が二重になった部分は押し上げられ、大きい山脈が出現しました。一方、和風を組み込むアジア大陸の東岸や北アメリカ大陸西岸では、太平洋の海洋地殻をのせたプレートが、大陸地殻をのせたプレートの下に沈み込んでいます。こうした造山帯では、海溝の陸側にフラットに締めつけされた構図を有する不加健康や低温高圧フォルムの変成岩が形成されました。また、地中深部では沈み込んです海のプレートの上部がコンポーネント溶融してマグマを生じ、火山帯・花こう岩帯や高温低圧フォルムの変成帯が形成されました。そういう海のプレートが沈み込むフォルムの造山帯では、花こう岩出来の大陸地殻が大量につくられ、大陸地殻の総量が増える結果大陸の縁は海側に成長しました。知らないことを知れて良かったなと思いました。http://www.adamschembri.net/