株式の演算と株式の利息について勉強した

株式について習得しました。企業が元金を調達するために発行する有価証券を株式といいます。有価証券は、債券や株式など儲け特権を表した証書のことです。こういう株式は、そのオーナーです株主の企業に対する貸与ヤツとしての特権を取り出すものであり、人様への譲り渡しも原則として権利だ。市場に上場されている株式のセドリは、証券ディーラーをとおして市場で行われます。そこでセドリされた額面が投資(市価)となります。株式の投資は、1株程度の市価で表され、これを証券会社では承認総計と済む、その額を承認額面といいます。株式の売り主と買い手は、前もって定められた属託手間賃を証券ディーラーに払います。株式に投資した額面に対する通年配当値段の公算を、株式の利回りといいます。配当値段は、ディーラーのセールスマン記録などによって変動するので、前期分の配当値段より後期分の配当値段を指し、これを合わせて当期分の配当値段と行なう。このため株式の利回りは、債券の利回りと異なり、あくまで推定だ。

英のEU退場によるサッカーへの煽りは?

先日から話題になっている英のEU退場の題材。住民投票でのEU退場が凝縮になっているようです。

1990時代のリーダーマン判決というもので、
サッカーではEU出席国の国籍選手のEU出席国家チーム間での移籍のリバティーと、EU出席国家での外人範囲に含まれないことが決まりました。

英がEUから離脱した場合、EU出席国家から英圏内のイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドに移籍する選手は外人範囲に入るのか?
逆に英圏内からEU出席国家に移籍講じる選手も外人範囲に入るのか?
もしも、英圏内での外人範囲がEU選手にも適用された場合、勿論その範囲はEU出席国の国籍選手に多くが割かれることになるでしょう。
現在もEU出席国のチームの外人範囲は主に南米国籍、次いでアフリカ国籍の選手に使われていると思えるので、
邦人選手は英圏内のチームへ移籍講じる門が益々狭くなってしまうので
レナンバーワンで割増リーグ優勝を経験した岡崎選手などはどうなるのだろうななどと心配しています。

英のEU退場により各リーグの外人範囲の前提も調整されるとは思いますが、
これと共にチャンピオンズリーグでの外人範囲の売買もどうなるか注目です。