昔は、スポーツ漫画やアニメでもあり得ない魔球とかが好きだった。

久しぶりにアタックNo.1とか巨人の星を見たのだが改めて魔球を作る回は楽しく、以前もそれを楽しみに見ていたんだなと思った。もうちょっとテンポの速いサムライジャイアンツが昔好きだったのは、さすがに魔球をつくるのに1か月から2か月待たなきゃいけないからこっちの方が好きだったのですね。
そういえば、昔はとくにスポーツでいえば魔球とか実際にはあり得ない動作で楽しむものが多かったようなきがするなあ。逆に言うと、今だったら昔懐かしいと思ってスポーツ漫画とかアニメはみるけど、新しいものはそこまで響かないわけです。
スポ根とか根性論とかスポーツの素晴らしさより、ロボットアニメとか忍者ものそして特撮ヒーローものと同じような感覚で見ていたんだなあとつくづく感じます。
だが、昔のこういう派手なものとかありえないものは、現在ではただただ馬鹿らしく思うから最近のアニメ、嫌ドラマなんかも面白く感じなくなったのかな。
現在はフィクションであっても、現実感があるものが好きです。http://www.goteborghorseshow.co/