ネットに自撮りばかり載せる人が苦手になってしまった

私は別に自撮りを載せている人は嫌いではないのですが、ネットに自撮りを載せていると叩かれる傾向にありますよね。
でも最近芸能人でもないのにキメ顔の自撮り画像ばかり載せる人が苦手になって来ました。
と言うか見ていて恥ずかしいのです!
こういう自撮りって一体誰がどこで見ているか分からないですよね。
もし知らない所で保存なんかされてしまっていたとしたら、自分の忘れた頃に写真や動画が拡散されているかも知れません。
私の嫌いな人はよく自撮りを載せているのですが、それが本当に自分のことが大好きな感じです。
一体同じ日に何回載せるんだよっとツッコミを入れてしまい たくなる くらい似たようなショットを載せていますし、目が大きくなりすぎた加工は宇宙人のようで気持ち悪いです。
普通にしていたほうが可愛いと思うのに理解出来ません。
ある人に見せたら「あまり可愛くないね」と正直に言っていたのでそれを聞いて笑ってしまいました。
陰でこんなこと言われてるのも知らないんでしょうけど。即日融資可能

東京都美術館でやっているムンク展に行ってきました

先日、東京都美術館でやっているムンク展に行ってきました。休日ということですごい人手で、入場するまでに20分以上かかりました。ムンクというと、「叫び」が有名ですが、その他にも様々な印象的な絵画を多く作成しています。このムンク展では、ムンクの生涯に合わせて、どのような絵画を制作してきたか、をわかるように展示していましたが、ムンクがどのような時にどのような心境でこの絵画を作成したかがわかり、とても興味深い展示会でした。
そして、お目当ての「叫び」。この作品だけは、他の作品とは違い、作品の前で止まることができず、歩きながらの閲覧となりましたが、それでも、写真などでは味わえない、本物の「叫び」は、見ただけで圧倒される魅力がありました。この「叫び」を見るだけでも、このムンク展を見た甲斐があったと思います。
今回は、時間がなくて、物販も買わずすぐに出てきましたが、また機会があれば、こんどはじっくりと見たいと思います。