15歳のミドリガメ。訳あって、名前はまだありません

5歳だった息子が、縁日でひっくり返って欲しがったのがこのミドリガメ。
当時は5センチくらいだったでしょうか。
「絶対自分でも世話する!」
と、絶対守れない約束のもと、ビニール袋に入れて連れ帰りました。

ホームセンターで飼育セットも買わされ、拾ってきた石と、水道水、新品の餌とともに投入した亀は、全く動きませんでした。
数日経ってもそのままで、もちろん餌も食べず、日に日に弱っていくのが目に見えてわかりました。
叩いても響かない存在にあっという間に飽きた息子から見放された亀を、おせっかいな私は放っておけず、毎日話しかけて、餌をふやかして半分にして口元にもっていくことを何度も試みました。

うちに来てから1週間目に、ようやく私の手からゆっくりと餌を食べ、私の顔を見上げた亀に、母性本能が沸点にまで達したのを覚えています。
餌を食べて水槽の中をヨチヨチしだすと、息子の興味も戻って来て調子よく
「名前何にしようかなー」
と言い出したので、
「今までどれだけ生き物を死なせてきたの?カブトムシ、クワガタ、ザリガニ、うずら、ヒヨコ、他にもいるよね?みんな名前をつけた途端に死んじゃったでしょ?だから、この子には名前つけない!カメ、途端に呼びます」

と、縁起をかついだ堂々ので宣言のもと、我が家の亀の「カメ」は15年たった今も元気に餌を食べています。

一体全体珍しいことも生じる。せっかく捨てたわ、ファイルとテキスト

週末は、いまひとつ日和も素晴らしくなかったので、捨てるものを探していたの。
室内は物に埋め尽くされるのが苦しかったし、いつまでも使わないものを有るのが気になってて。

進学した息子がいるけれど、いつまでたっても卒業した後のガイドを片づけないまま、1年以上が過ぎていた。
「いつか扱うかもしれない」と言っていたが、1都度も見直すこともないので、
又もや片付けていいかを聞いてみた。

そしたら、取り除けるって。
そりゃそんなふうにでしょ!
今は扱うことが全くないよ、上記は!

下の方もいるけれど、最前は同じだけどガイドのお話がちょこっと変わっていて、
無くしたりしたら、只、買わないとならないから。
次の方の受験が仕上がるまでは、ふたたびガイドを置いておかないとならない生活に繋がるけれど、
同じようなものがいくつもあるよりかは、ずっといいよ。

ファイルに綴じてあったプリントも、一切捨ててみたら、正に心境が軽々しくなってね。
何でも埋め込みすぎなのよ、押し入れに。

珍しいこともあった週末だった。
今日は外部は大荒れ。
ひょっとしたら、普段、片づけない人が片付けたからかもしれないね。

たけしとの話を聞いて小池氏はほんとに政治が好きだと感じた

年末のたけしのスペシャル番組に小池都知事が出ていたのですが、ほんとに政治が好きでサポートがあってもなくても、とにかくトップにつきたいという権力志向の強いタイプにに見えました。
某評論家が言ってたように好戦的で男っぽい女性に思えたし、希望の塾の4000人を前に原稿なしでしゃべれる口の方も問題ないので、
リーダーとしての資質は完璧に持っているように思えました。
これまで組織とは関係の薄い一匹狼的な点が唯一気になっていたのですが、ひょっとするとこの人ならありかもという雰囲気は十二分に感じられたので、
自民がまじで警戒している理由が漸く分かったような気がしました。
たださすがの都知事も天才たけしには圧倒されるのかと思っていたのですが、完全に跳ね返えしていましたから、あのようにタジタジのタケシを見るのも久しぶりだったので
、たけしもトランプの格好までして都庁へ行ったかいがあったのではと思いました。
何故ならあの扮装のおかげで押されっぱなしでかなり動揺していた自分を隠せたと思うからです。
あの格好でなければ動揺が露骨にバレバレでひどくやられた感じに暫くはさいなまれ続けたに違いないと思います。

多分これが今年最後のカレー作りになったかな。

昨日、久々にカレーを作った。いつもカレーを作るときはソテーするときからしてにんにくペーストとローレルの葉っぱを入れたり、煮込むときにもブーケガルニの袋だの、ブイヨン系のペーストだのコンソメキューブだのと、何かと入れるものへのこだわりがある料理の一つがカレーだ。
そんなこだわりのコク旨カレーを夕べ作って、一晩寝かせて食べたらやっぱりおいしかった。とはいえ、カレーってのは一晩寝かせると栄養や味が凝縮されておいしいと言われているけど、未だにあまりよく分からない笑。だけど自分なりに時間をかけ、薫りやコクの深さにこだわって作ったカレーがおいしいってことはいつも実感している。
2か月ぶりぐらいだろうか、いつもひと月に1回は大抵作るカレーなのに、私にしては本当に久々のカレー作りだった。今回一番感じたのは、この頃ブーケガルニが切れてローレルだけで薫りを出していたから、やっぱりブーケガルニがあると薫りのよさが格段に違うってことだった!外にある洗濯機に行ったとき、換気も兼ねてちょっとだけ開けたキッチンの窓の外からブーケガルニベースの薫りがふわ〜〜っと漂ってきたときに「やっぱりブーケガルニがあると違うわ?」と感じた。
多分夕べが、今年最後のカレー作りになったと思う。来年もその都度味が若干違って基本の材料は同じでも絶対に毎回同じ味にはならないカレー作りの奥の深さをおいしく探っていきたい♪

クラッシュオブクラン流れ込み要素がたくさんある

スマホ専業アプリゲームのクラッシュオブクラン!
筋違いやり込みがいがあります。
村を作って目当ての村をのろい源を稼いで目新しい建物を築き上げる戦いなんですが、これが今ややったら明け暮れるんです!
こういう戦いのメリットはクラン闘争!
クランというたくさんの人達が固まる相性同士で闘争をすることを言います!
これは精神戦も含まれていて、闘争を有利にする為に自分の村に建物を断じて建てずにいる方もいます。
建物の総合的な品質で闘争目当てがまとまるので、目茶苦茶弱いクランと目茶苦茶手強いクランが引っかかることはないんです。
攻める為に必要な為の建物だけを上げて、続ける為の建物を増やさないと応戦にゆうりです。
スマホ、携帯など頭数タイミングをこなし、アカウントを5個持つ達人もおるぐらいだ。
大抵はまってる人間は、1つの村は全建物を上げて、さらにの控えアカウントは闘争有利にするようなパターンをとっているほうが多いです!
善悪こういうクラッシュオブクランをやってみてください!
酔いしれる会社間違いないですよ!